色紙の基本

意外と知らない色紙のマナー。自由に書くのもいいけれど、何より贈る相手のことを想って書くことが大切!もらって嬉しくなる色紙にしましょう。

メッセージの書き方

・ 相手とのエピソードなど思い出を交えよう

スポーツ大会、飲み会、仕事のプロジェクト…相手との思い出を交えて書くと喜んでもらえます!本当に些細なことでも構いません。他の人と同じ文章にならないためのひと工夫を。

・ 印象に残るメッセージを!

色紙を書くときは、印象に残るメッセージを心がけてみましょう。あなたの個性が引き立って、相手が後で色紙を見返したときも思い出しやすくなります。相手にふさわしいキャッチフレーズ、有名人や偉人の言葉など、印象的な文章で書き始めるというのも良いですね。

スポーツ大会/旅行出張/忘年会パーティ

空白スペースを作らない

せっかくの色紙も、空白が目立つと寂しい印象になってしまいます。書く人数にあった大きさの色紙を選ぶ、シールや写真を貼るなど、なるべく空白を作らないよう工夫してみましょう。メッセージやシールで、にぎやかに埋まった色紙は見た目も華やかになります。

ハンドメイドの立体シールで豪華に演出!/たっぷり使えるシールブックで彩ろう!/リボンシールを区切り線に!

みんなの気持ちを大切に届ける

みんなの気持ちが詰まった大切な色紙。渡すときまでキレイな状態を保ちたいですよね。色紙包みを利用すると、汚してしまう心配もなく、きちんとした印象になります。メッセージが現れるまでのドキドキ感も演出できるので、ぜひ取り入れてみてください。

色紙を包めるジャストサイズ!メッセージが現れるまでのドキドキ感もプレゼントしましょう♪/透明タイプはそのまま飾れます☆/小さいサイズ用もあります

喜んでもらえる工夫を!

音楽好きの人にはレコード、サッカー好きの人にサッカーボールなど、相手の趣味や好みにちなんだデザイン色紙を選ぶと、喜ばれること間違いなし!イラストを描いたり、思い出の写真を貼るのも効果的です。相手のことを考えた工夫は、色紙を通してしっかり想いが伝わります。

音楽好きの方にオススメ!/スポーツ観戦が好きな方にも☆